アビームコンサルティング株式会社への転職 Part1【採用試験の内容、書類選考・面接対策※実は一度落ちても0から再挑戦できる!】

5月 6, 2020

アビームコンサルティング株式会社は、コンサル業界においてBig4と呼ばれる大手外資系コンサルティングファームと肩を並べる国産最大手のコンサルティングファームです。

業種も職種も未経験の私もそんな超大手企業の中途採用試験に無謀にも挑戦したことがあり、なぜか一次面接、二次面接と突破し、結果的には人事部判断で見送られることになってしまったものの最終の三次面接でもエージェントの話を聞く限り面接官の評価は及第点に達していたようでした。

ということでこちらのページでは、最終的には落選してしまったものの面接ではある程度の評価を得ることに成功したので、せっかくなのでそんな私の経験をもとにアビームから内定を獲得するためのコツやノウハウを掲載していきます。

なお私は中途でしたが企業研究や志望動機の考え方などは新卒の人でも使えると思うので、新卒でアビームを考えてる人もぜひ参考にしていただければと思います。

長くなるので何ページかに分けて掲載しようと思っていますが、このページでは「応募方法」「選考フロー」「書類選考・面接対策」について説明していきます。
このページを読んでいただければ、応募の際に予め知っておくと得する情報や、採用担当や面接官が書類選考や面接で求職者のどんなところをチェックしているかがわかるようになります。

応募に関するお得情報

自己応募よりエージェントサービスを利用した方が◎

アビームは採用活動において複数の求人媒体を利用しており、自己応募ならtypeやマイナビ転職、エージェント経由ならtypeエージェントやリクルートエージェント、DODAエージェントなどから応募することが可能です。

しかし、自己応募よりもエージェントサービスを利用した応募の方が有利に選考を進めることができます。

なぜかというと、どのエージェント会社もこれまでに何人もの求職者をアビームの面接に送り込んでおり、その人たちから「面接ではどんなことを聞かれたか」「質問にはどう答えたか」「その結果どんな評価を受けたか」といった情報を収集しています。
そのため面接に使える情報やノウハウをたくさん蓄積しており、それをこれから採用試験に臨む求職者に丁寧に棚卸ししてくれるので、自己応募よりも遥かに有利に選考を進めることができます。

自分のペースでやりたいと思ってる人や第三者に介入されるのにはちょっと抵抗があるという人もいると思いますが、実際に私もマイナビ転職とtypeエージェントを使ってアビームの選考に二回挑戦し、マイナビ転職経由では書類選考で落ちてしまったところ、typeエージェント経由では最終選考まで残ることができました。
職務経歴書の添削や面接の事前対策のおかげでこれだけ結果に差が出ましたので、これからアビームへの転職を考えている人にはエージェント経由で、中でもtypeエージェントを利用して応募することをおすすめしたいです。

▼▼type AGの利用登録はこちら▼▼
typeの人材紹介

一度落ちても再挑戦可能!

アビームに転職したいと思っている人には願っても無い耳寄り情報です!

繰り返しになりますが私はtypeエージェントを通じて応募し最終選考まで進んだのですが、その前にマイナビ転職からも応募しました。
マイナビ転職から自主応募した際は書類選考で落ちてしまったのですが、少し時期をずらして改めてtypeエージェントを通じて応募したところ今度は選考を次々突破することができました。

何が言いたいかというと、異なる求人サービスを使えばアビームには複数回チャレンジすることができるのです。

同じ転職サイトから二度三度応募しても応募履歴でわかってしまうので弾かれてしまいますが、別の転職サイトからだとどうやら他からの応募履歴には引っかからないようで、改めてゼロから再挑戦できます。

タイミングが変わればライバルも変わりますしレジュメの修正もできるため、他の求人サービスから応募し直せばチャンスが復活するのです。

<<アビームコンサルの求人を取り扱っている転職サービス>>

typeエージェント、リクナビエージェント、DODAエージェント、typeの求人サイト、マイナビ転職など

あわせて必読!

【エージェント】typeエージェント【特徴、評判、評価】
⇒私も実際に、マイナビ転職から自主応募しても箸にも棒にもかからなかったのがtypeエージェント経由で応募した結果最終選考までたどり着きました。
何が良かったかといえば、面接でどんなことを質問されるかと各質問にどのように回答すると良いか・悪いかといった面接対策はもちろん、企業研究をするにあたって企業ホームページのうちどこを重点的に読み込んでおけばよいかといった、要点を押さえたきめ細かいアドバイスがバッチリハマった点です。

もしtypeエージェント以外から応募した人であれば、typeエージェント経由でもう一度チャレンジすることをお勧めします!!

▼▼type AGの利用登録はこちら▼▼
typeの人材紹介

通年採用のため募集締切は無視してOK

もう一つのお得情報がこちら。

二次面接を受けた際、「今回の募集の背景は何ですか?」という質問をしました。「欠員が出たことによる人員補充」なのかそれとも「事業拡大に伴う人員増」なのか、また今回募集したポストには入社後どんな役割を任せられるのかといったことを知りたくて聞いたところ、回答は「アビームは通年採用を行っている」ということでした。

アビームは社員数が6000人を超える大企業ということもあって、多くの部署で辞める人や産休や育休、病休で長期休みに入る人がどうしても常に一定数いるということでした。しかしコンサルという仕事は人材そのものが利益を産む大事な資源となるため、欠員が出ると事業規模の縮小に直結します。そのため人員の新陳代謝が滞ることがないよう常に中途採用を行う「通年採用」を実施しているということです。

すなわち、アビームは365日いつでも常に求人を出しています。言い換えれば、焦ることなくいつでも応募できます。

どの求人サービスを見ても基本的には求人情報に掲載終了日や応募締切日などが記載されておりそれはアビームも例外ではありません。しかしアビームの場合それらの期日はあくまで便宜的に設定しているだけであり、そのデッドラインを過ぎても断続的に求人は掲載されます。エージェントサービスを使うと「早めに応募するように」ということを言われることもあると思いますが、アビームに関しては無視して大丈夫です。焦らずしっかり準備をし、自分の都合に合わせて無理の無いタイミングで応募しましょう。

選考のフロー

続いてアビームの中途採用選考はどのように進むのかということと各留意点を説明していきます。ただし面接対策に関しては細かく説明すると長くなってしまうので、ここでは「面接ではどんなことを聞かれるのか」や「面接官はどんなところを見ているのか」という大まかな部分のみ掲載し、詳細はPart2で別途紹介します。

アビームの選考は、

  1. 書類選考
  2. 筆記試験&適性検査&一次面接(シニアマネージャー)
  3. 二次面接(シニアマネージャー)
  4. 三次面接(プリンシパル)

というフローです。ちなみにシニアマネージャーは上から二番目、プリンシパルが一番上の役職です。

筆記試験対策は不要

筆記試験と適性検査は一次面接の前にPCで受験しておくタイプで、筆記試験の内容はSPI系、適性検査は選択式の性格診断です。

が、おそらく筆記試験と適性検査はほとんど結果に影響しないと思われます。というのも問題がめちゃくちゃ難しく、私はおそらく3割も正答できてません。その上システムエラーが出て一部未回答になってしまっていたようなのですが、それでも一次面接の直後、未回答を残したままであったにも関わらず面接合格の連絡が来ました。
なので筆記試験や適性検査の結果というのはアビームの選考の中では非常にウェイトは小さいと考えられます。0点では流石に厳しいかもしれませんが、基本レベルのSPIができれば問題ないレベルですので対策らしい対策は不要です。

書類選考・面接対策

応募書類には「自分の専門性は何か」が明確にわかるように

エージェント経由で応募する場合は任意様式(WordかExcel)の履歴書と職務経歴書が、転職サイト経由の場合はアカウントに登録した職務経歴情報がそれぞれ応募書類になります。

エージェント経由の場合だと様式が任意ですので好きなことを書けますが、私は「職務経歴」「自己PR」「キャリアビジョン」のみを記載したもの、要するに“使い回し用”のレジュメをそのまま使いました。

そのため「転職理由」や「志望動機」は書かなかったのですが、それでも書類選考を通過することができたのは「どんなことができるのか(能力及び専門性)」「どんな職務経歴及び実績があるのか(能力及び専門性の裏付け)」が重視されているからだと考えられます。

これはPart2のページで詳しく説明しますが、アビームが私のような職種も業種も未経験の人に何を求めているかというと“クライアントの気持ちをいかに理解しているか、あるいはできるか”というところだそうです。

アビームの生え抜き社員やコンサル経験者、エンジニア出身者(※システムコンサルがメインなのでエンジニア出身者の方が相当数います)はどうしてもクライアントサイドに回ったことがないのでクライアントの現場レベルの問題点や悩みの種というのがわかりません。しかし企業が抱える課題を表面的にではなく根っこの部分から解決するには内情を深く理解していないと難しいです。そこで職種・業種未経験の人間にも内定を獲得するチャンスが生まれてくるのですが、そのためには“その業界の専門性をいかに持っているか・理解しているか”ということが非常に重要になってきます。

要するに採用担当が職務経歴書を読んで「この人はこの業界のことをよく理解しているので、同じ業界のクライアントが抱える課題をより深いレベルから理解し、解決に導くことができる」と思わせることが大事です。
そのため書類作成をする際には、これまで自分が携わってきた業界に対する深い知識やその業界ならではの知見をきちんと有しているということが伝わるように作成するのがキモです。

面接ではどんなことを聞かれ、何を見られているか

面接で質問される内容は“転職理由”“転職理由”“キャリアビジョン”“現職(あるいは前職)での業務内容と成果・実績”“自分の長所”“アビームでどんな活躍ができるか”などオーソドックスなものがメインです。ただし、かなり掘り下げて質問されるので職務経歴書に書いたことに関しては“なぜそうしたか”や“どうやって解決したか”などを自分の言葉で理論整然と説明できるようにしておく必要があります。

なお、一次面接と二次面接では求職者の“能力”を、三次面接では本当にアビームでちゃんとやっていけるのかという“覚悟”をそれぞれ特に推し量っていたように感じました。

以下、参考までにエージェントの方から事前対策として送られたメールをそのままコピペしましたのでご参考までに。過去、typeエージェントを利用してアビームの面接を受けた人たちから集約したものだそうです。私が実際に聞かれたことも全てこの中に包括されていました。

参考

■面接のポイント■

【求める人物像】
◆同社が掲げる”OUR CORE VALUES”に共感して下さる方

参考HP: https://www.abeam.com/th/ja/about/idea

5つありますが、そのなかでも、
“Client Centric” 、”Collaboration/Collegiality”、
“New Global Dimension”の3つを重要視しています。

【面接で見るポイント】
第一印象/お人柄/知性・知的能力/コミュニケーション能力
理解力・論理性/チームワーク /意欲/専門知識・経験
プロジェクトマネジメント力/即戦力性/業界知識

■想定質問集■
1.必ず聞かれる質問
−転職を決めた理由
アビームコンサルティングを選択した理由
−何をやりたいか
2.職務経歴書に従って質疑応答
−プロジェクトの概要、規模、役割
−現職で担当しているシステムについてホワイトボードを使って説明してください
−それぞれのプロジェクトで困難だったこと、それの対処方法
−自分の強みは?
−その強みとなる実績の実例を挙げてください。

3.突っ込んだ質疑応答
−意見の対立があったときにどうしたか
−こちらの提案に対して、ネガティブな反応をされたときにどう対処したか
−システム開発の中で重要だと感じていることは何か
−PJの規模の拡大にあたって、何に気をつけるべきか
−現在所属している企業の問題点を上げて下さい
−その問題について、どのようにすれば解決できると考えるか

アビームに入ったら何が出来る?
−1ヶ月後に入社したと仮定した場合、何をしてる?
−上記同様に、1年後は〜、3年後は〜
※ご自身のキャリアパスをどのように考えているかを問われます。仮説でも結構ですので、予めご準備下さい。

4.以下のご質問も必ず聞かれる内容なので、お答えをご用意ください。

−なぜコンサルティングファームを希望しているのか?
−コンサルティングファームで何をしたいのか?
−今までのキャリアをベースにでアビームコンサルティングで何ができるか
−数年後のご自身のキャリアプラン。

コンサルタントは常に問題を解決していく視点を求められます。
これは個人の資質にも関連してくるもので、例えば今の会社で壁にあたった際に具体的に自身はどういう行動をとったか?等 あらゆる角度から、実行力はあるか?ロジカルシンキングができるか?
などコンサルタントとしてのポテンシャルを見られます。

■ご参考資料■
同社転職者インタビュー
http://jp.abeam.com/career/mid-career/voice/>

同社人事担当者インタビュー
https://shoukai.type.jp/knowhow/interview/company/abeam_interview.html

同社の特徴
https://www.abeam.com/jp/career/mid-career/feature/>

このページはひとまずここまでです。次にPart2では「じゃあ面接に向けてどんな対策をすれば良いのか」を詳細に紹介します。

▼▼type AGの利用登録はこちら▼▼
typeの人材紹介